緊張渦巻く「風俗店の待合室」事情と過ごし方/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

風俗に行きたいけど待合室や店の雰囲気が分からず緊張しそう・・・。風俗マニアが教える風俗店の待合室事情とおすすめの過ごし方。

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

緊張渦巻く「風俗店の待合室」事情と過ごし方

風俗店待合室の様子・雰囲気

風俗店に行くと、ほぼ必ず通されるのが待合室。これから抜きに行きます!な臨戦態勢の男たちが一つのあまり広くない部屋に集められ、名前か番号が呼ばれるまで何とか過ごさなくてはならない。

店に入るとすぐに受付があり、そこで風俗嬢の指名やら料金の支払いやらを済ませた後、待合室へ通される。運よく誰もおらず自分一人のときもあれば、すでに誰かが入っている場合もある。

待合室には大体長椅子がいくつかと机がバーンと置かれ、机には灰皿や飴などが用意されている。非喫煙者でもここで煙に巻かれてたばこ臭くなる場合がある。

時間を潰せそうなものといえば、テレビ雑誌(風俗雑誌が多い)、あとは漫画など。飲み物が自由に飲める店もあるが、絶対ではないため自分でお茶か水を持っておいたほうがいい。口が乾くと口臭で風俗嬢に敬遠されるからな。

そこまで混んでなければ、漫画に集中する間もなくすぐに呼ばれる。

待合室の様子は風俗嬢から見えてる場合も

風俗嬢が知り合いや親兄弟などにバッタリ会わないように、待合室の様子はカメラで風俗嬢が確認できるようになっている店も多い。

複数の風俗店で風俗嬢に聞いてみたところ、待合室がカメラで見られる場合もあれば、待合室は見られないけどエレベーター前の映像を見て確認できる場合や、客と対面する直前にカメラ越しやカーテン越しに確認している場合もあるみたいだ。

ちなみに店舗ではなくデリヘルメンズエステなどの派遣型は事前チェックのしようがないため、ある意味一か八かなんだとか。

風俗嬢から見えてるといっても彼女たちも準備があるため四六時中監視してるわけではなく、知り合いじゃないかどうかチェックしたり、会った時どんな声を掛けるかといったシミュレーションのために確認するのだという。

なので俺は風俗に行くとき、特に初めての風俗店や初めての風俗嬢に入るときは、特徴のある服装やバッグ、小物を持っていくようにしている。個性の強い客のほうが風俗嬢は会話のきっかけを作りやすいかな、と勝手に思っている。

サメのリュックサックはどの風俗嬢にも好評だ(笑)

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

待合室の滞在時間を減らす方法

今から抜くぜひゃっほう!な男たちと同じ空間にいるのは、出来る限り短い時間でお願いしたいものだ。

待合室の滞在時間は、予約をしているかしていないか、指名しているかしていないかなどで大きく変わってくる。

まず一番長短が出るのは予約の有無だ。店舗ならば予約をしなくてもフラリと立ち寄ることはできるものの、予約している客が最優先だから、例え誰でもいいとフリーで入ったとしても1時間2時間待たされることがある。

風俗は60分、90分などプレイ時間が結構長いから、それが終わり準備が済んで運よく次の予約が入って無ければGOできるくらいに考えておかないといけない。

待合室の滞在時間を最小限にするには、予約をして予約時間のギリギリ5分前くらいに受付をすること。逆に過ぎてしまうと予約取り消しや他の客優先に案内が始まってしまうことがあるから、絶対時間前には到着しておくこと。

指名はしてなくても1人は絶対空けてくれているはずだが、確実性を取るなら指名しておいたほうがいい。

あとは待合室に到着したら、すぐにトイレに行くのもおすすめだ。運が良ければトイレから出たらすぐに案内されることもあるし、トイレに行き忘れてせっかくのプレイ時間に急いでトイレに行く・・・なんて失態も防げる。

風俗で他の客に会いたくない場合は

風俗の待合室というのは店舗にだけあるものであって、デリヘルやメンズエステのように自宅・ホテルに女の子が派遣されてくるタイプの風俗では当然そんなものは無い。

自宅に呼ぶ場合は自宅で一人待っていれば良いし、ホテルの場合もホテルに移動する手間はあるがこちらもホテルの部屋で一人で待つことができる。

慣れたら待合室もそんなに悪くないのかもしれないが、俺の場合風俗の待合室で緊張して腹が痛くなるタイプだったため、最初のほうは毎回風俗嬢の「大丈夫?」からスタートしていたくらいだった。

プレイ部屋に上がると大丈夫だったんだが、いつ呼ばれるかドキドキなのに他の男もいる手前おどおどした態度は見せられない、という見栄っ張りな部分が腹にキていたんだと思う。

だから風俗初心者、いや待合室は経験したくねぇなって男は最初からデリヘルやメンズエステを選ぶと快適風俗ライフが手に入る。

とはいえソープのサービスだけはソープに行かないと受けられないから、ソープで遊びたい男は頑張って待合室を克服しよう。