思ってた嬢と違ったときのチェンジ・キャンセルテク/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

風俗嬢が思ったよりタイプじゃなかったら、デブ・ブスだったら・・・。風俗嬢を傷つけないチェンジ・キャンセルの仕方を伝授。

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

思ってた嬢と違ったときのチェンジ・キャンセルテク

チェンジ・キャンセルは風俗嬢が落ち込む?

風俗店のHPなどを見ると分かるが、風俗嬢は顔出ししている子とモザイクが掛けられている子の2パターンに分かれている。

大半が身バレ防止のためにモザイクが掛けられているが、そのせいで実際に出会ったとき「何か思ってた嬢と違うぞ・・・」とイメージとの差が出てしまうことがある。

それでも我々は、生理的に無理でなければわざわざチェンジやキャンセルをするほどでもないかと妥協してその風俗嬢と遊ぶわけだが、そもそも風俗嬢本人はチェンジやキャンセルをされると落ち込んでしまうのだろうか?

風俗嬢のチェンジは、言い換えると「お前じゃイヤだ!他の女呼んでこい!」という意味だ。思っていた嬢と違っても客がチェンジをしづらい理由はここにある。

だがキャンセルに関しては、急に別の用事が入った、財布に金もクレカも入ってなかった、というような理由もあるからキャンセルされてもさほどダメージは負わない。

でもせっかくチェンジという制度がある以上、風俗代も安いものではないし納得できる相手とイチャコラしたいものだ。今回は、風俗嬢を傷つけないチェンジ・キャンセルテクを伝授しようと思う。

チェンジをするときは自分のせいにして

風俗嬢がチェンジ!と言われてショックを受ける理由は、自分のルックスが否定されているように感じるからだ。チェンジしたい場合は支払いの前に伝えないといけないから、実質見た目が嫌だと言ってしまってるようなもんだ。

伝えるタイミング上、どう優しく伝えても見た目がタイプじゃないというのはどうしても伝わってしまう。だが「見た目が思っていたのと違った」を風俗嬢のせいではなくこちらの判断ミスということにすれば、少し柔らかいクッションになる。

これは本当でもウソでも良いのだが、例えばキツめのコがタイプだという設定にする。そして「写真ではもっとキツイ子かと思ってたけど、違うんだね」という理由でチェンジをする。

こうすると遠まわしに女の子が優しい顔をしていると褒めていることになるし、顔が嫌いだからチェンジするわけじゃないとアピールすることができる。

他にも「黒髪じゃないとダメなんだ」「思ったより背が小さいね」など、気持ち悪いくらい細かいこだわりを持っている男を演出する。多少風俗嬢に引かれるくらいがちょうどいい(笑)

チェンジは風俗嬢を傷つけるから我慢してしまう、という男はぜひ試してほしいチェンジ術だ。

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

チェンジするとどんな流れになる?

チェンジをすると、来た風俗嬢が帰って新しい風俗嬢が派遣されてくるわけだが、その間の待ち時間代わりの風俗嬢はどんな風になるのだろうか。

チェンジが発動されると、現在の風俗嬢が店に電話をかけてチェンジされた旨を伝える。連絡が終わると風俗嬢はそのまま帰り、こちらはそのまま部屋で待つ。

その後店から電話が掛かってきて、好みの女の子の特徴などを聞かれる。そこで、ちょうどすぐ行ける子がいますだとかあと何分で特徴に合う子が接客終わりますんで、とか、スタッフと調整を行う。

ただチェンジができたといっても、次の風俗嬢がピッタリ好み通りとは限らない。あくまでも今の段階で店に待機してる子や、もうすぐ接客の終わる比較的好みに近い子を見繕って派遣してくれるだけだから、第二のチャレンジ第二のチャンスと言ったほうが正しいかもしれない。

スタッフとの電話での調整が終わったら、あとはもう一度時間をつぶして待つだけだ。

チェンジは何回までできる?チェンジ成功の秘訣

チェンジは風俗店によってシステムが異なる。チェンジの上限回数が決まっている店もあれば、チェンジ料金を支払いさえすれば何度でも納得いくまでできる店もある。

だからチェンジが何回までできるのかは店次第というわけだが、実際客の多くは「1回」でおさめてることが多い。2回目のチェンジは店に悪い、また?と思われるのが気まずいなどの理由からだ。

だから自分がチェンジをするときでも、何回でもしてやる!とはなかなか思えない。そこまでメンタルの強い男ならそもそもチェンジの仕方なんて調べないだろうし(笑)1回のチェンジでうまくタイプの風俗嬢に出会う方法を知っておいたほうが有意義だと思う。

チェンジをした後、スタッフとどんな子が良いか?という会話をするとき、なるべく具体的な特徴を伝えるよう心がけよう。ふわっとして妹っぽい子、ではなく、髪は黒髪ロングで背が小さくて童顔の子、という風に誰が見ても分かる外見的特徴を伝えるのだ。

さっき来た子の何か悪かったのか、も一緒に伝えると失敗が無い。できればさっきの子より色白で〜もっと髪が長くて〜みたいな。

本音をいえば「さっきの子より可愛い子をよこせ」なのだが(笑)それを冷静に具体的に伝えられる男がチェンジで勝つるのだ。