風俗客の誤解多し!HIVとエイズの違い/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

HIV=エイズだと勘違いしていないだろうか。実はあまり知られていないそのメカニズムについて紹介していく。

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

風俗客の誤解多し!HIVとエイズの違い

HIVとエイズについての誤解

性病に神経質な風俗好きは多いが、かなりの数の男性陣が誤解をしていることがある。特に顕著なのがHIVを=エイズと認識しているパターンである。

間違った知識あるあるかもしれないが、まずハッキリさせておこう。HIVとエイズは全く別に考えなければならない。

HIVは「ヒト免疫不全ウイルス」、つまりウイルスのことを意味している。感染すると免疫が低下すると聞いたことがあると思う。つまりはそのウイルスが白血球の一つであるCD4リンパ球を破壊することで、徐々に免疫機能が低下してしまう。

一方でエイズ(後天性免疫不全症候群)は、HIVに感染し免疫機能が大幅に低下することで様々な合併症を発症した状態のことを指す。通常の免疫状態ならばかかることのない病気でも、極度の免疫低下がゆえに発症する病気を日和見感染症と呼んでいる。

つまりHIVに感染し、CD4の数が極端に少なくなり免疫がなくなることで引き起こされる日和見感染症(23種類の疾患がある)に感染すると、初めてエイズと認定されるわけだ。

なおエイズと診断される日和見感染症の例として挙げられるのが、ニューモシスチス肺炎、カポジ肉腫、非ホジキンリンパ腫、HIV脳症などが挙げられる。

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

エイズ発症までの経過

さてここからが若干複雑になってくる。まずHIVに感染しても、すぐにエイズを発症するほどの免疫低下に陥ることはない。通常は感染してから数年〜15年程度をかけて、じっくりゆっくりとCD4の値が低下していく。

その為、このエイズを発症していない時期は特に日常生活に支障をきたすわけでもなく、何も変わらぬ毎日を過ごすことになる。ただし時間の経過とともに、感染を疑わせるような症状を見せ始める。

個人差はあるものの、感染して数週間程度するとかぜのような症状を見せることがあり、この時期を急性感染期と呼んでいる。かぜのような症状としたが、一般的に見られるのが以下のような症状である。

・発熱
・激しい吐き気
・リンパ節の腫れ

ただし必ずしも上記の症状がみられるわけではなく、あくまでかぜと見間違えてしまうような軽いサインと言えるだろう。

その後に特に症状が見られない無症状期を迎えるわけだが、前述のように数年以上、もしくは10年以上も何の兆候も見られない幸運なパターンもある。しかしそれぞれの生活スタイルやウイルスの進行度によっても異なるので、一概にその期間を明確にすることはできない。

そして無症状期を過ぎ、体調に大きな変調をきたした時が=エイズを発症したAIDS発症期と呼ばれる最終段階だ。

まとめるとHIV感染後には急性感染期→無症状期→AIDS発症期という3つのステージに分かれ、エイズ発症の時期は個人差があるということを覚えておこう。

話題のいきなりエイズとは?

HIVの感染力は極めて弱いが最近は梅毒などの性病と重複感染することで、罹患する可能性が高くなるケースが多く報告されている。性風俗店の利用が感染に繋がると言えばYESだが、確率論で話せばそこまで神経質になる必要はない。

しかしソープランドやデリヘルなどのハード系ヘルスが自慢のお店を利用しているうちに、知らず知らずのうちにHIVに感染し気づいたときには既にエイズを発症してしまっているケースもある。

これを「いきなりエイズ」と呼んでいる。そのままだが、急性感染期、無症状期を経て、感染に気付くことなく放置。そして体調を崩した時に初めて日和見感染症、つまりはエイズを発症していたことが分かることを指す。

この場合はどの時点で、誰が疑惑の相手になったかを特定することが困難であること。そして感染から10年以上経過している場合も多く、彼女や妻に知らず知らずのうちに感染させてしまうことも考えられる。

発症を遅らせる為には早期発見・治療が大切になるが、このいきなりエイズの状態だと予後が悪い場合が多い。

今は感染しても治療をしっかり行えば、平均寿命まで全うできる時代になってきた。しかし、適切な治療をする為には、まず感染しない為の予防と早期発見がカギになることは言うまでもない。

まずは他人事だとは思わずに、HIVとエイズのことを正しく知ることから始めてみないか?