どれがいい?多彩な風俗のコンセプト店まとめ/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

風俗においても、自分に適したコンセプトを選ぶことは非常に大切なことです。今回は風俗業界の様々なコンセプト店について紹介します!

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

どれがいい?多彩な風俗のコンセプト店まとめ

コンセプト店とは?

あなたは自分の方向性、嗜好にマッチした人生を歩んでいるだろうか?そうコンセプトとは人の人生を豊かにする世界観である。

実はこのコンセプト、風俗業界に関しても非常に大切な要素になってくる。あまりコンセプトという言葉を意識してお店選びをしている方は多くはないと思うが、例えば熟女系人妻系などがそれにあたる。

風俗と言っても多種多彩な業種が点在しているが、いかに自分が興奮する、大金を叩いても後悔しないプレイができるお店を選んでいけるのかが大切であり、風俗遊びにおけるお店選びのコツなのだ。

自分がどんな対象の女性に一番興奮するのか、どんなプレイをしたいのかを具体化、明確化することがコンセプトであり、最高の風俗体験のスタート地点になっていくのである。

こんなにある!多彩過ぎるコンセプト店

風俗選びは進路選びに似ている。例えば医者になりたいのに文学部に行ってもしょうがないだろう。つまり、様々な分かれ道から自分に適したコンセプトを選ぶことが大切なのだ。

性風俗店にもそれは多くのオプションが広がっている、ここでは気になるコンセプト店の種類について解説していこう。以下を見れば世の男達の性に対する欲求、興味がいかに深いのかを実感できるはずだ。

@熟女

A人妻

B母乳

CBDSM

DナースにJKコスプレ専門

Eピアス、タトゥー

Fアナルセックス

Gぽっちゃり、デブ専

H未経験、処女

IA、AAカップ貧乳

J爆乳

Kレズ

L童顔、ロリ系

Mギャル系

N長身専門

もはや挙げれば切りがない……。

趣味趣向は10人いれば10人違っており、それぞれ興奮する対象は異なるので、このように細分化された風俗店がある。誰かに理解される為の性癖ではなく、究極の自己満足ができる、それがこれらの性のはけ口になるコンセプト風俗店という訳だ。

こんなのもあるんだなというまさに斜め上を行くような、マニアックなコンセプト店も存在する。たとえば、人間を愛するのではなくロボット・人形専門店もあるし、レディーボーイ専門店ペニバンで責められ隊!といった度肝を抜くようなものなど。 まずは、自分が何をしたいのか・どんな女性がタイプなのかをよくよく考えて自分なりのコンセプト選びをしてみてほしい。

なお、これ以外にもシチュエーションを楽しむ青姦痴漢をテーマにしたお店も少なくないので、そちらも漏れなくチェックしてほしい。

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

性癖に合わせた風俗選びのメリット・デメリット

続いてコンセプト店を選ぶメリット・デメリットについて解説していきたいと思う。

まず、コンセプト店を選択することで自分の好みの範囲にぐっと狭めることができることが、一番のメリットだろう。例え指名をせずフリーで遊んだとしても、巨乳をコンセプトとしたお店であれば巨乳の子が、熟女をコンセプトとしたお店であれば熟女が、その中で当たりハズレはあるだろうが、ストライクゾーンを大きく外れる可能性は低くなるだろう。パネマジが当たり前に行われている風俗業界において、外れクジが少ないことは大きなメリットになるはずだ。

デメリットとして考えられるのが、通常のデリヘル、ヘルスと比べて女の子の採用が難しくなり、なおかつ特殊な性癖の場合は女の子の精神的、物理的な負担も大きく、そのコストパフォーマンスが落ちることだ。デリヘルなどはプラスしてホテル費用等を支払うことも多いので、やはりそれなりの出費は覚悟しなければならない。またディープで新鮮味のある風俗コンセプトになればなるほど、都市部でしかお望みのコンセプト店を発見できなくなるのは地方在住者には痛いところだ。

このようにコンセプト店にもやはり長所短所はある。しかし、風俗遊びのコンセプト選びを上手くできれば「こんなはずじゃなかった」と涙を飲むことは少なくなるはずなので、ぜひ自分に合ったコンセプト探しをしてほしい!