コンドーム以外で性病予防はできる?/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

性病予防は、コンドームさえしてれば安心できるわけではない。様々な性病予防対策を同時に行おう!

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

コンドーム以外で性病予防はできる?

コンドームプラスαの予防が望まれる

性病にならない為にできること、それはセックスをそもそも諦めるか。もしくは決まった一人の相手とのみプレイを楽しむか。

しかしここを覗いている所謂普通の男性にとっては、ハメを外さないで人生を謳歌することは簡単なことではないはずだ。

たかが風俗、されど風俗。性風俗店で楽しめるスリリングにその興奮は、彼女、または妻とするセックスとはひと味もふた味も違う。

さて性風俗店を利用していると性病罹患に臆病になってしまうが、最近はコンドームだけに終わらない性病感染対策アイテムが増えてきた。

時代のニーズを追求した結果だろうが、コンドームがあればとりあえず安心!そんな神話にすがるのではなく、新しい性病感染対策の方法を随時取り入れていくことが性活向上に繋がっていくことは言うまでもない。

コンドームは確かに性病感染予防の第一選択肢になっているが、それだけでは100%安心できないということを今一度覚えておこう。

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

こんなにある!?性病感染予防グッズまとめ

さてどんな性病感染防止ツールがあるのか、男性諸君は想像できるか?デリヘルに風俗ヘルス、ソープランドで定番のグリンスにイソジン?確かにそれらも性病予防に一躍を買うし、しっかりプレイ前後にシャワーを浴びることも大切だ。

しかしここではより実践的であまり知られていない、「えっ、こんなアイテムがあったの?」と目から鱗の打倒性病アイテムを紹介していくので参考にしてほしいぞ!

@殺菌用ローション
A指マン用フィンガーコンドーム
Bクンニリングス専用ショーツ&ビキニ
Cエタノール殺菌クリーナー
Dデリケートゾーン用殺菌ジェル
Eヴァギナ専用石鹸
F大人の玩具専用クリーナー
Gクンニリングス用ダム

もちろんまだまだ探そうと思えばウイルス殺菌、衛生対策からの性病感染対策アイテムは無数に紹介できる。また輸入商品を加えれば、よりその選択肢の幅は広がってくる。

日本で購入できる商品は日本製、外国製両者が混在しているが、まず勘違いしてほしくないことは、くどいようだが100%の性病予防効果が期待できるわけではない。

あくまで粘膜部との接触を抑えて、性器周辺を清潔に保ちながら衛生状況を向上させる。それが性病を含む感染症対策における基本のキの字になっていくわけだ。

無防備に手マン、クンニをしてしまいがちだが、男性、女性両者の健康を守る為にクリーナーやダム、専用のショーツに指サックを用意できたらカッコイイよな。

まだまだ性風俗業界全体でも、これらの性病予防グッズは浸透しきっていない。意識の高い男性やリスキーなセックスをする層に徐々に浸透してきたアイテムだが、プレイの内容問わずセーファーセックスができる男こそ本当の意味で気遣いのデキる男なのだ。

服用を通してHIV感染を防ぐ方法

さてここでは究極の飲み薬を補足として紹介していきたいと思う。特に海外の性風俗業界、ゲイ男性の間ではスタンダードなHIV感染予防に貢献する投薬である。

HIV感染リスクを減らす上で最もダイレクトで予防効果が高いと言われる理由は、そもそもHIV感染者が服用するHIV治療薬を予防対策として利用する為だ。

特に性風俗店で働いている層、プレイの際にコンドームを利用しない男性にはトライする価値は高いと言えるだろう。

この予防方法には2通りあり、リスクあるプレイに備えて毎日HIV治療薬を服用するPrEPリスクあるプレイをした後に服用するPEP療法の二通りがある。

どちらの予防対策がいいかはHIV恐怖症、風俗に通う頻度やプレイ内容に準じて適したものを選択するべきだ。

梅毒感染後のHIV重複感染が急増している昨今、同性間だけでなくストレート男性の少なくない数がこの予防方法に関心を示している。

ただしこの予防方法はあくまでHIVに対してのみ有効であり、他の性病罹患予防にはならないこと、そしてコンドームを含む性病感染対策は同時に行うべきだ。

なお日本の性病科などでこの療法を紹介しているクリニックはあるが、基本的に保険が利かない自費診療になること、持病や薬の副作用を考慮する必要もある

しばしインターネットで個人輸入したHIV治療薬を予防目的で飲んでいる方もいるが、誤った服用による健康被害を防止する為にも、専門ドクターのアドバイスを仰ぐことが大切だ。