風俗初挑戦の際は下半身エチケットも気を配ろう!/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

風俗初挑戦においてよくある失敗例として挙げられるのが男性側のエチケットがなっていないという事があげられます。今回は風俗初挑戦で失敗しない為の下半身のエチケットについて紹介します!

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

風俗初挑戦の際は下半身エチケットも気を配ろう!

風俗初挑戦前に

ソープランドやデリヘルなど風俗で童貞を卒業する男性は後を絶たない。男児たる者、経験豊かな女性から性の教えを乞うことは長らく一種の伝統として息づいているのだ。

しかし大げさな言い方かもしれないが、実際童貞を捨てる為に風俗の扉を開き壮大な失敗をやらかしてしまうやんちゃ男子も少なくない。あまりに女性に対してナイーブ、そして性に関する知識がエロ本やAVがベースになっており、実践の場であたふたしてしまうのだ。

また風俗のシステムがイマイチ分からず、ソープ、料亭にホテヘル、オナクラなどを混同してしまい、本番行為が当たり前にできると勘違いしてしまうものも……。その為、風俗初挑戦の際は、まず自分がどんな行為で卒業したいのかを明確にすること、そして性病に関する知識と風俗事情のトラブルについてをしっかり勉強してから筆おろしをするべく風俗店を選ぶ必要があるのだ。

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

下半身の衛生状態は大丈夫?

よくある失敗例として挙げられるのが男性側のエチケットがなっていないということ。実際風俗に訪れる男性も不潔な格好をしているものも少なくないが、まずは最低限の身なりを整えることも大切。

女の子と遊ぶことは時間を買う事であるが、女性風俗嬢の目線に立って物事を考える姿勢は必要不可欠になってくる。

特に性経験が0の場合、下半身の衛生に鈍感な男子は少なくなく。これが問題になってくるのだ。つまりオナニーをしたまんまの状態で風俗を訪れたり、ペニスへのシャワーの当て方を知らずに恥垢が貯まってしまったり……etc。

これらは非常に不快なイカ臭を生み出すだけでなく、雑菌の溜まり場となることは言うまでもない。しばしポルノなどで卑猥な風俗女性が童貞男子の包茎ペニスを剥いて、ペニスの恥垢の匂いにうっとりしながらフェラ&合体というシーンもあるが、これはあくまで脚本ありのAVの世界のお話し。

生フェラが珍しくないデリヘルにソープでも、このような不衛生極まりないペニスは性病を誘発するトリガーになっている。そして風俗女性に非常に嫌われる要素になることは明白なので、プレイ前には必ずペニスを剥いて清潔にすること、カントン、真性包茎の場合はシャワーの当て方に工夫をして極力衛生を保つ必要があることはいうまでもない。

また陰毛に関しても剃毛をして自分で整えている男性は少なくなく、パイパンにする必要性はないが、やはり細部まで気を配れる男性は風俗嬢からも評判がいいことも付け加えておこう。

風俗の仕組みを知ることも大切

また風俗におけるエチケットは女性に強要をしないことでもある。自分自身が衛生的にも振舞い的にも紳士的になる大切さは前項でもお話したが、プレイ内容についても注視しなければならない。

AVで行われている即尺、アナルファックにぶっかけなどはいわゆるアブノーマルプレイの一種であり、スタンダードなセックスではないこと。つまりこれらは性的嗜好に合わせたオプション扱いになる。

ポルノがスマホで簡単に見れる昨今、セックスに対しての誤認が広がっているとの声は風俗で働く女性キャストも多く述べている。まず風俗で筆おろしをする際に覚えておかなければならない利用上の注意点として、

@コンドームは最初から最後まで着用

A本番はソープのみ

B写真と実物が異なるトラップパネマジの存在

Cオプションの多用

Dコンセプト風俗の存在

これらを徹底的に頭に入れておこう。

風俗利用は経験を重ねることで、自分なりの遊び方が分かってくるもの。つまり風俗で気持ちいい体験をしたいとそのドアをノックしたのに、結果としてあまりめでたくない筆おろしに終わる結果も多いのだ。

だからこそ自分自身のエチケットだけでなく、風俗でどんなプレイをしたいのか?そして本番を伴う行為がしたいのか?をまず決めること。そして自分のフェチズムを消化できるコンセプト風俗を、お財布の中身に応じて選んでいけるそんな柔軟なフットワークも大切になってくることを覚えておくべきなのだ。