STD感染確率が高いプレイってあるの?/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

風俗で色んなプレイをしたい!けどもしかして性病になりやすいプレイがあったりする…?安全に楽しく風俗遊びをするためのコツをご紹介!

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

STD感染確率が高いプレイってあるの?

性病感染予防は風俗選びも大切

風俗に行きたいけれど、性病が不安。そうSTD(性感染症)が恐ろしく、デリヘルを呼べないし、ソープなんか怖くて行けない!でもやっぱりスケベなことはしたいそんな男子は少なくないはず。そもそも性病感染が怖いのならば、極論を言ってしまうと一生童貞コースを貫く、そう利き手を友達に人生を過ごすべき!などと野暮なことを言ってもしょうがないので、いかにSTDに関する知識を高め、リスクの高いプレイを避けていけるかが大切になってくる。

性病、STD……、知っているようで知らない、それは多くの風俗嬢にとっても同様であり、その無知がゆえに不安を掻き立ててしまうもの。風俗には様々な形態があり、セクキャバのようなおさわりタッチメインで性器へのアプローチがないところ、またデリヘル、ヘルスのようなフェラ、スマタをメインにしたヌキ場、回春、ハイブリッドエステなどのマッサージプラスαのサービスが楽しめたり、本番はもう自由恋愛のソープランドまで様々。

一長一短がある風俗業界で、特にSTD感染が多い場所はデリヘルヘルスである。勿論ソープはNS嬢も多いので性病に感染するケースもあるが、その数はデリヘル、ヘルスに比べて少ない。それは働く女性のSTDに関する知識の欠乏や意識力の差、お店側の管理体制の厳格さなどが挙げられる。しかしまずSTD感染に恐れ慄くのではなく、まず感染確率の高いプレイを避けると共に、いかに感染の可能性が低い風俗を選んで遊べるのかも重要なのだ。

つまるところコスパが低い高級店は客の回転率が悪いので、おかしな客が必然的に排除される。またソープに限っては前述の通り、嬢もお店側もSTD感染に対する知識、予防を怠らないので比較的安全圏に入ると思われる。リスクゾーンは明確であり、コスパが高く客が多いデリヘル、ヘルスであり、極力性病感染を恐れるのならセクキャバや厳密な風俗店ではないがガールズバーのドアをノックするべきである。

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

ナマフェラ、アナルセックスの共通点

危険行為、この四文字はどこか怯える心にズシンとくるものがある。そう風俗業界における危険行為は、ズバリ粘膜同士の触れ合いである。

粘膜部位といえば口腔内アナルペニスなどである。そのどれもが基本風俗店であらわになる場所であり、例えデリヘルで本番ができないにしてもアナルセックスはオプションで可能であるし、フェラは大概ナマ。基本的なプレイの一つであるスマタなどは、膣内部への挿入がないから安心と思えるが、実は女性器に男性器が触れ合っているので必ずしも安心とは限らないのだ。

勿論ソープにおいては最高級のハードファックがゴム越しまたはゴムナシで楽しめるので、その分リスクも高くなる。ただし前項で解説した通り、ソープは高額がゆえに客層が絞られること、お店、働く女性の予防対策、検査も頻繁に行っている為、デリヘルやヘルスに比べても性病羅患率は少ない。

STDといっても特にリスクが高いのは、出血を伴う行為だ。歯肉炎に口内炎でボロボロ流血気味のお口でフェラをされたら(極端な例で申し訳ない)やはりその分血液を媒介して何らかのSTDに感染する可能性は高い。また腸内は特に敏感な部位なので、ハードなアナルセックスをナマで行った場合は梅毒、HIV、クラミジアなどの感染率が大変高いのでアナルファッカーの方々は要注意である。

またよくあるSTD感染パターンとしては、皆大好きナマフェラである。つまり風俗嬢の口の中はやはり目視ではなかなか確認できないこともあり、幾ら本番ができないからといってナマでフェラを楽しむことはそれなりのリスクがあることを肝に銘じてほしい。

まとめると当たり前の如く最初から最後までペニスと女性器のダイレクトな接触を防ぎ、そしてナマフェラは控える、そうつまりはコンドームを終始装着することが大きな感染予防に寄与することを忘れてはならない。

ローションプレイもリスクあり

番外編としてこちらも抑えておいてほしい。よくある潤滑ローション、最近は多くの香りに肌触りのローションが用途別に用意されているが、その使用に関しても注意が必要だ。

つまりコンドームをしていない状態でローションをたっぷりペニスにオマンコに塗り込みグラインドをしたりスマタをしたりしていると、ローション経由でウイルスがペニスや傷口に入り込みSTDに感染する場合も考えられる。

確率論で言えば、そもそも数パーセントの世界の話しだが、実際マットプレイやスマタは風俗好きの変態男性陣にとっては外せないプレイの一つなので、いくら挿入はない場合でもやはりコンドームはつけるべきである。

結局STD感染はコンドーム利用が最高の防御ツールになっていくわけなので、風俗利用で性病感染を恐れるよりも、コンドーム装着を渋る自分の煩悩にこそ危機管理が必要といえる。