風俗嬢受けが悪いファッションはコレ!/風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ

今回は、風俗嬢からあまり印象の良くないファッションを紹介します!

風俗行きたい男のためのフーゾクヘルプ サイトマップ

風俗嬢受けが悪いファッションはコレ!

風俗嬢は客のセンスをジッと見てる

風俗でキモ客認定……。やっぱりこれは避けたいよな!キモち悪いと思われる観点は十人十色ではあるのだが、やはり女性にとっての「これはナイな!」はある程度制限されてくる。

ここではルックス、匂い、髪型と同様、いいやそれ以上に判断ポイントになってくる男性客のファッションについて解説していこう。

風俗でというよりは、風俗嬢でこれはない……と思われたら、一般社会での女性受けも同様に最悪だということ。イケメンは原色Tシャツでもタートルネックでも素敵に着こなすが、一般ルックス男性の場合は間違ったベクトルのファッションにならぬように細心の注意が必要だ。

ある程度の年齢、そうだな!30以降になるとルックスだけでなく服装や持ち物などの身なりで判断される傾向にあるので、洋服同様に時計や財布、スマホカバーなどの小物にも一定のセンスが必要とされてくる。

難しいラインだが、あくまで自分の体格、ルックス、年齢にマッチするファッションを厳選していけるフットワークの軽さ、勘違いのないファッションセンスが求められるので今一度自分自身の洋服を再考してみようか!

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

風俗の悩みはエステで解決できる。

お金、風俗嬢との会話、性病など、風俗特有の悩みの大半は「メンズエステ」で解決できる!本当に風俗を諦めないといけないのか?我慢しないといけないのか?

その悩み、メンズエステを選べばまるっと解決するんじゃない?

まずエステ嬢の写真を拝んでみよう↓

風俗エステの総合情報 エステドゥロア

これはNG!風俗嬢が思う男性客のファッション

最悪なファッションを一言で例えるのは難しいが、デリヘル嬢にとってもソープ嬢にとっても、こんな格好の人と相手するの?と思わせたらもう負け。ここで最悪な例をいくつか紹介していこう。

@毛玉満載のセーター

A靴下を限界まで伸ばした状態で短パン

BTシャツをしっかりズボンに入れている

C作業着姿のまま

D襟が立った状態のシャツ

E上下が同色

F奇抜な柄、漢字入りのTシャツ

Gクロックスまたはビーチサンダル

例を挙げればキリがないが、自宅で着る部屋着を思わせる、または仕事用の制服スタイルで風俗を利用するのはやめた方がいいだろう。

これらのファッションはイケメンが着ても??となるので、特によく見かけるA、Bあたりには要注意して服の着こなしをしてほしい。

正直面倒臭いなと思う男性が大半だと思うが、風俗女性も男性客に受けのいい服装を日々研究しながらコーディネートをしているので、風俗がキッカケというのもおかしいが、今一度自分の服装を見直す機会として捉えてみるといいだろう。

自分に合うファッションを見つける!

まず風俗受けするファッションというものは、誰がどう見ても一定の清潔感とシンプルさを感じられるものが正攻法だろう。洋服というものは着る者を選ぶので、あくまで自分のスタイルにマッチするかを基準に考えて洋服選びをすべきだ!

スタイリストが付いているわけではないので難しいのだが、ブランドものを着用すればいいわけでもないし、芸能人やレッドカーペットを闊歩するハリウッドスターを目指すのでもない。

あまりに個性を注視してしまうとおかしなベクトルに向かうので、GUでもユニクロでも構わない。自分に似合っているスタイルを確立すること、どんな服装、小物がマッチしないのかをまずは自己認定することから始めよう。

お洒落を意識し過ぎるのではなく、キモ客認定されない為にはバランスも重要になってくる。また不潔感を晒さない為にも、匂いやシミの付いていない服、襟がヨレヨレになっていないこともチェックすべき。

人間は内面が大切であるというが、洋服やファッションの付随的な外面に関しても、その人間が生きてきた人生や社会生活、価値観に金銭事情を反映させる要素になり、風俗のサービスにも若干なりとも影響を及ぼすことになる。

季節に応じた服装を着こなしながらも、キレイな状態の服を着る、固くなり過ぎず、緩すぎない服装を心がけ、第一印象をあげていこう!

なおどうしても服装に自信がないという男性もいるはずだ。そんなケースは洋服診断をしてくれるサービスや、プロのスタイリストとSNSを通じて相談を重ねて洋服をレンタルできるサービスなどもあるのでそれらを利用するといいだろう!